婚活サイト(アプリ)で結婚できる?

婚活サイト(アプリ)で結婚できる?

「全く異性との出会いが無い…」 「婚活パーティーに顔を出す暇がないし、今一つ気が乗らない…」 「周囲の友だちは結婚したり恋人がいるのに、どうしたらよいものか…」 と悩んでいらっしゃる人も多いようです。

この頃は、未婚の人の半数以上は恋人がいないらしいのです。

晩婚化、未婚化・・・

若者達の恋愛ばなれが問題視されるようになってきました。

大人になれば仕事が手いっぱいで、新たな異性との出会いはそれほどないのではないでしょうか。

ですが、やはり彼氏や彼女はゲットしたいし、将来的には好きな人と籍を入れたいとお考えの人も多いのではないでしょうか。

そのような人にちょうど良いのがインターネットを利用した婚活なんです。

即座にスタートする事が可能ですし、昨今では婚活アプリも増えてきました。

アプリだったらカンタンにエントリーする事が可能ですし、ほかの婚活よりも経済的です。

女の子はお金をかけずに無料で使用できるアプリも存在します。

就寝前とか手が空いた時にアプリを開けば、貴方の目の前に数多くの異性が現れます。

近頃は以前とは違って、顔出しする人も珍しくないんです。

プロフィールもきちんと記載していますので閲覧しているだけでも楽しくなるかもしれないですね。

「忙しい」「お金に余裕がない」「効率的に異性と知り会いたい」と考えている人にネット婚活はもってこいでしょう。

しかしながらネット婚活には気をつけるべき点も見受けられます。

大切なお金や時間をムダにしないためにも、知っておかなければならない事があります。

というわけで、ここでは筆者の経験談や、 ネット婚活の長所と短所、気を付ける点、お奨めの婚活サイト(アプリ)についてご案内させて貰います。

是非ともご覧くださいませ。

スポンサーリンク

 

婚活サイト(アプリ)はどこが良いのか

 

婚活サイトで名が知れているのは、Match.com (マッチドットコム)とか、ゼクシィなどでしょう。

ブライダルネットも高い人気を誇っています。

それと、Facebookと連携して使用する婚活アプリもいくつも存在します。

スマートフォンを1人1台保有している現在では、婚活サイトよりも婚活アプリのほうが人気がありますね。

名が知れているのは、Pairs(ペアーズ) とか、with(ウィズ)等です。

婚活サイトと婚活アプリの両方をマネージメントしている会社も存在しますし、慣れてしまうとアプリでもサイトでも同じような感覚になってきます。

1例として、Match.com (マッチドットコム)は16年前から日本語に対応するサイトを管理しているのですが、今はアプリ版も存在します。

たくさん婚活サイト(アプリ)があるので、どこを選択すれば良いのか頭を悩ませてしまうのではないでしょうか。

ホントに幾つものサービスがあるのですが、30以上利用した筆者がお薦めするのは次にあげる7つです。

with(ウィズ)
Pairs(ペアーズ)
マッチアラーム
ゼクシィ縁結び
Match.com (マッチドットコム)
ブライダルネット
ユーブライド

20歳台の方なら目下会員数が増加中のwith(ウィズ)はお勧めです。

若年層に苦手意識のある人にはエキサイト婚活が良いと思います。

婚活アプリや婚活サイトとの相性の良し悪しがありますけれど、どれか1つ位は貴方にドンピシャのところがあるでしょう。

 

各々の傾向

 

Pairs(ペアーズ)

 

一回は耳にしたことがある婚活アプリではないでしょうか。

登録会員数は日本国内ナンバーワン、600万人オーバーの会員が在籍しています。

韓国、台湾まで合わせると700万人をオーバーします。

いろんな年代の人がエントリーしているので、多数の登録会員の中からお望みの相手を探し出せます。

3日以内にログインした女性をチェックしたら、こんな感じです。

20歳代女性 83,524人 ・30歳代女性 55,360人 ・40歳代女性 12,336人でした。

男性はこの1.5倍程度ではないでしょうか。

新規で登録する人がたくさんいらっしゃるので、「いつまで経っても同じ顔ぶればっかり」といったこともございません。

退会した人へのアンケート結果から、Pairs(ペアーズ) で出会って結婚したカップルは1年で2万人になると考えられます。

利用経験のない人は1回トライしてみることをお薦めします。

Facebookで恋活・婚活【Pairs】※R18

 

Match.com (マッチドットコム)

 

Match.com (マッチドットコム)はギネスに公認された世界ナンバーワンのマッチングサイトです。

古くから存在する実績のあるマッチングサイトなんですが、個人的な見解ですが20歳代の人であればPairs(ペアーズ) とかwith(ウィズ)で十分かなって気がします。

30歳代以上の人、外人のパートナーをお探し中の人、フェイスブックを使いたくない人にお奨めいたします。

世界最大級の恋愛・婚活マッチングサイト☆マッチ・ドットコム

 

youbride(ユーブライド)

 

ミクシィグループがマネージメントするyoubride(ユーブライド)は以前はライブドアがマネジメントしていました。

登録会員数も100万人をオーバーしています。

婚活アプリも婚活サイトも存在します。

利用者をリサーチしたら、プロフィール写真や証明書がある女性の割合は、20歳代20%、30歳代48%、40歳代25%、50歳代以上7%となりました。

お金をかけずに無料でもあるレベルまでは利用できますし、女性はお金をかけなくても男性からコンタクトがあればコミュニケーションをとる事が可能です。

プロフィール項目も多数あり本気度は高いと言えます。

プロフィール写真を公開した人だけに自分のプロフィール写真を公開すれば良いので安心出来ます。

ユーブライドならきっと見つかる。理想のお相手。

 

マッチアラーム

 

マッチアラームの運営に関してはサイバーエージェントが本気になってきました。

毎朝8時に最適な異性を1人ピックアップしてくれたり、身近な所に住んでいる人を紹介してくれます。

大変に良心的な会社です。

それと、検索機能が無いので貴方のほうで異性をチョイスできるわけではないのです。

マッチングはあくまでもアプリ任せという異色のシステムなんです。

 

with (ウィズ)

 

with(ウィズ) はダイゴさんのメンタルテストなんかもあって、20歳代の方に支持されています。

筆者も若い人に推薦できるアプリだと感じます。

利用法はダイゴさんが親切丁寧にレクチャーしてくれるので、はじめての人でも何の心配もいりません。

女性はお金をかけずに無料で使用できますし、男性は無料会員のままでも女性を閲覧することが可能です。

「Pairs(ペアーズ) は登録会員数が多すぎるので、知人にばれるかも…」と心配な人にもお奨めできます。

安心安全「with」
恋愛婚活マッチ

ブライダルネット

 

ブライダルネットは、結婚相談所のIBJがマネージメントしている婚活サイトです。

男性女性共に同じ料金で、本気度の高い人達が在籍していると評価されています。

プロフィール写真や証明書がある女性の割合は、20歳代23%、30歳代57%、40歳代17%、50歳代以上3%となっていました。

無料会員のままだと先方のプロフィール写真にモザイクがかかっていて確認できません。

それと、加工した写真とかプリクラはNGですので、安心できます。

おかかえのアドバイザーもいるので何かあればメールで悩みを相談できます。

個人的に本気度はナンバーワンだと感じます。

日本最大級のネット婚活『ブライダルネット』

 

ゼクシィ縁結び

 

何だかんだ言ってもゼクシィはブランドが確立しています。

リクルート関連会社がマネジメントしているので安心できます。

20歳代、30歳代の人に人気があって、ブライダルネットと比べると会員の方は少し若い印象を受けます。

会員数もグングンと伸びているようです。

3日以内にログインした女性の割合をチェックしたら、20歳代28%、30歳代60%、40歳代10%、50歳代以上2%でした。

価値観診断があるのも好感が持てます。

それと、この業界初のアドバイザーによるデート調整代行サービスもあるんです。

使い勝手が良い婚活サイトですので、女性も何の心配もせずに利用することができるはずです。

ゼクシィ恋結びという恋活アプリもあるんですけれど、結婚したいなら婚活サイトの縁結びをお薦めします。

 

女性0円の婚活アプリ

 

女性はタダで利用できる婚活アプリからスタートしてみるのもいいんじゃないでしょうか。

つい先ほどお話しした、 Pairs(ペアーズ) 、 with(ウィズ) 、マッチアラームは女性はタダで利用可能です。

本音を言えば、男からすれば羨ましいかぎりです。

何はともあれさしあたってこの中から2つ3つ申し込んでみてはいかがでしょうか。

男性のプロフィールを見るだけでも結構楽しい気がします。

 

男性はどこまで無料で利用出来るの?

 

男性もある程度までタダで使用することが可能です。

女性のプロフィール写真やプロフィール文を閲覧したり、タダで“いいね”する事も可能です。

どの辺りから有料になるのかは各婚活アプリや婚活サイトによってバラバラですが、近ごろ目につくのは「有料会員だけがメッセージを交換できる」というパターンです。

有料会員と言いましても、1ヶ月3,000円前後です。

3か月、6か月、12か月と長期契約をしたらより一層リーズナブルになるコースも存在します。

一括で1年払いを選択すると1ヶ月1,000円程度になってしまうケースもあるのです。

さしあたって無料でエントリーして、相手のプロフィールに目を通して、あなた自身に向いていそうな感じなら有料会員になったら良いのではないでしょうか。

それと、いっぺんに沢山の婚活サイトで有料会員になる必要性はありません。

1つか2つでいいんじゃないかと感じます。

3か月ペースで婚活アプリや婚活サイトをチェンジするのもいいんじゃないでしょうか。

インターネットを利用した婚活に関して更に詳細にお話させて頂きます。

 

インターネットを利用した婚活のプラス面とマイナス面

 

インターネットを利用した婚活のプラス面とマイナス面に関してお話します。

 

ネット婚活 6つのプラス面

 

① 料金がリーズナブル

1ヶ月2,000円~4,000円位です。

数か月分をまとめて支払えば更に安く済み、女性は100%タダのケースも存在します。

 

② 場所を選ぶ必要がない

仕事で時間に追われている人でも合間を縫って活動する事が可能です。

 

③ 数え切れないほどの異性と知り合える

100万人を越す会員が在籍している婚活サービスもあります。

 

④ 相手に好意を抱くまでに時間が必要な人にお奨め

婚活パーティーだと時間が短いので、相手の事を詳しく理解することが難しいです。

 

⑤ 女性と一部の男性は、様々な異性からアプローチがあるので楽
⑥ 新たなシステムやサービスが増加中でエンジョイ出来る

 

インターネットを利用した婚活 6つのマイナス面

 

① 競争相手が大勢いる
② 遊び半分の登録会員も存在する
③ プロフィールに嘘がある登録会員も存在する
④ 相手の方と会うまでに時間を必要とする場合もある
⑤ 対面したらプロフィール写真と全く異なるケースもある
⑥ プロフィールを無料会員でも見ることができるので心配

 

どんな事でも長所と短所はあるものです。

参加する人の数が多くなれば当然競争相手も増えるのです。

費用がリーズナブルだと登録会員が多くなりますけれど、どうしても本気度はダウンしてしまう傾向にあります。

2人のあいだに共通する知人がいないため、先方を信じるか、自分自身で確かめなければならないケースがあります。

 

それじゃあ、違う婚活の方が良いの?

 

そうでもないのです。

何だかんだ言ってもマイナス面よりもプラス面の方が十分過ぎる程上回っていると感じます。

ぶっちゃけて言えば、婚活アプリ1つだけで男と女の出会いに関する問題は解決してしまいます。

引き続きネット婚活の気を付ける点や利用法を筆者の実際の経験に基づいてお話しさせて頂きます。

 

インターネットを利用した婚活の危い罠

 

婚活サイトや婚活アプリは値段がリーズナブルで、時間とか場所を気にすることなく使えます。

会員の中には外国からエントリーしている人もいらっしゃいます。

「現在、海外出張しているのですが、日本に戻った時に結婚したくてエントリーしました。」

そのような人もたまにいらっしゃいます。

それと、外国の人も在籍していたりするのです。

筆者がチェックした限りではアジア圏の女性が大勢いる感じです。

稀に北欧とか南米の人もいらっしゃいました。

そのように日常生活では会うことができない人と知り合えるというのは本当に有難いです。

婚活パーティーですと会場に足を運ぶ必用がありますし、お見合いをしようと思えばどうしても1対1でお目にかかる機会を作る必用があります。

いっぽうネット婚活であれば外へ足を運ばなくても異性と知り合う事が可能です。

料金もリーズナブルです。

通勤途中、あるいは仕事の休憩時間を使ってメッセージ交換をしたり、プロフィール写真をチェックして印象に残った人に「いいね」する事だって出来ます。

とは言え、手っ取り早くエントリーできる分リスクもあります。

 

ネット婚活のリスク

 

① 相手の方の素性がはっきりしない

そもそも名前だって本名を名乗ってない人もいます。

 

② 嘘をつく人がいる

年収とか職業や年齢などデタラメな事をプロフィールに記入する人もいます。

 

③ 結婚する気がない

たとえお付き合いする事になっても、いつになったら結婚するのか見当がつかないという感じの人もいます。

男性にしてみれば気楽な気持ちで使えるし「出会いの一つ」程度に考えている可能性があります。

しかしながら、本気になって結婚を考えている女性からすると大切な時間を無駄にしてしまう事になりかねません。

こういうこともあって女性はどうしても警戒してしまいがちです。

それと、もしもお望み通りの男性と知り会えても、舞い上がらないで平常心でいてください。

理想的と思える男性と知り会えても、「ようやく運命の人とめぐりあえた」 と決めつけてしまうのは危険です。

何故なら相手の男性は遊びとしか考えていない可能性だってあるからです。

遊び気分の男性は、貴女と結婚する可能性は0だと考えたほうが賢明です。

 

相手のレベルが高すぎるケース

 

相手のレベルが高すぎて明らかにつり合いがとれていない感じなら注意が必用です。

やっぱり客観的に、相応しい人を見つけ出すようにするべきです。

 

婚活サイトと出会い系サイトの相違点

 

婚活サイトと出会い系サイトの相違点は何だと思いますか?

婚活サイトは真剣に結婚や恋愛を求めている人に出会いを提供するサービス、 出会い系サイトは良さそうな人がいればな…とお考えの人に出会いを提供するサービスだと筆者は考えています。

わかりやすく言うと、結婚に対して本気かそうでないかの違いなんです。

現実問題として婚活アプリと出会い系アプリを利用してみれば、ビックリするほど異なっています。

例えて言えばファミレスとミシュラン星付きレストラン位の違いがあります。

出会い系サイトを当たり前に利用している男性はたくさんいますが、ぶっちゃけて言えば出会い系は危険です。

 

マッチングサイトが荒れてしまう理由

 

ヤリモクの男性がエントリーすると、女性も心配になってしまいます。

そうなれば自然と疑う事も多くなってしまうでしょう。

ヤリ捨てされた女性は心の中に途方もなく大きい傷を負ってしまい、男性不信に陥ってしまう可能性があります。

実を言うと本気で婚活している男性も痛手をこうむっているのです。

誠実に婚活に取り組んでいても疑いをもたれてしまいやすいんですよね。

必死に女性にコンタクトを取ってもそのような目で見られてしまうと寂しいとしか言いようがありません。

 

上から目線の女性

 

過去に様々な女性とお目にかかりましたが、やたらと高望みする女性もいました。

上から目線でプライドがズタズタにさせられてしまった事も何度かありました。

そのような女性に限って男の人からちょっと高級なお店で食事をご馳走になったり、プレゼントしてもらっても感謝の言葉さえなかったりします。

「こんな感じなら、結婚なんか諦めて1人でいいや。」 となりがちです。

真剣に婚活に取り組む男性会員がいなくなれば、自然と遊び半分の男性の割合がアップします。

そうなってしまうと傷つく女性も増えてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

誠意のない女性や高望みする女性が増えれば、誠実な男性も姿を消してしまいます。

そうなると真剣に婚活をしていらっしゃる女性も被害を被る事になり、ネット婚活は負のスパイラルに陥ってしまうわけです。

このような状態の事を「荒れる」というんですね。

筆者がはじめてマッチングサイトにエントリーしたのは、かれこれ十数年前の話なんですが「インターネットでの男女の出会い」は凄まじいスピードで進化しています。

デメリットも多いという現実もありますが、依然としてインターネットを利用した婚活にはチャンスがあると言えます。

現実問題として婚活サイトを利用して付き合っている方、結婚に至ったカップルも相当数いらっしゃいます。

結婚相談所とか婚活パーティーの会員数は伸び悩んでいるようですが、ネット婚活は今後更に伸びて行きそうです。

 

婚活にチャレンジするなら自分自身のルールをしっかりと決める

 

大切なことは「婚活にチャレンジするなら、自分自身のルールをしっかりと決める」ことです。

誠意のない人に流されてしまわないように注意をすれば、良い出会いの場になると思います。

 

証明書を提示するところだったら安心?

 

婚活アプリや婚活サイトの中には、証明書(収入証明、学歴証明、独身証明etc)を提出する事が義務付けられているところもあるんです。

やっぱり 証明書は無いよりはあった方が安心できると思います。

言うまでもなく男性も同様です。

男性は出会い系サイトとか婚活サイトを利用していると、「この人サクラかもしれない」という気持ちを持ってしまいがちです。

なぜならば、婚活という言葉が誕生する以前に出会い系サイトのブームがあったんですが、その時代にこれでもかというほど男性は酷い目に会ったからです。

このことは女性に話してもピンと来ないかも知れませんね。

スポンサーリンク

 

女性版のサクラも存在する?

 

過去に、ある男性アイドルグループに成りすまし、女性に結構な金額のポイントを買ってもらっていた女性版のサクラもいたんです。

「母親が病気で、今のところてんてこ舞いで会うことができない。」 「今度のライブが終了するまで時間が無い…とりあえずこのサイトで連絡を取り合おう。」 などという言葉を鵜呑みにしてしまって、課金してしまうというわけです。

ですので、課金制の婚活サイトにはご注意ください。

1回ポイントを買ってしまったら、ズルズルと繰り返してしまい、何万円、何十万円とつぎ込んだ方も多くいらっしゃいました。

サクラもそれなりのテクニックを駆使して誘惑して来ますので、簡単に嘘だと見破ることは難しいみたいです。

1回信頼してしまったらどうしようにもならなくなってしまうんですね。

「これだけたくさんお金を費やしたのだから、せめて1度は対面したい。」と考えてしまい簡単に引き返せなくなってしまいます。

何度も言いますが、サクラにはご注意ください。

サクラは犯罪です。

キャバクラ嬢が恋人がいるというのに、「いない」と嘘をつくのと変わりません。

サクラは1回も会うことが出来ませんし、バイトの男性がメールを送信しているケースもあるんです。

お金を使った場合でも今は定額制ですので、それほどまでに用心する必用はないかもしれないですね。

ですが、そんな感じの過去も実際にあった事は頭に入れておくようにしてください。

結局のところ、男性も女性も疑いながら婚活するしかないというのが、ネット婚活の現在の状況なんでしょう。

 

ペテン師には注意するべし

 

近ごろインターネット上でたまに目にしますが、ペテン師にはご注意ください。

言うまでも無くこのことはネット婚活に限ったことではなく、婚活パーティーとか街コンに関しても一緒です。

大勢の会員の中には残念ながら質の悪い人もいますのでお気を付けください。

こうした質の悪い人が在籍しているせいで、簡単に申し込めて、値段もリーズナブルな婚活サイトが将来的にますます荒れてしまう可能性があります。

 

ヤリモク、ペテン師対策法

 

マッチングサイトに潜んでいる「ヤリモクやペテン師」をどのように阻止するかについてお話します。

大切なポイントは次にあげる4つになります。

 

① 各証明書の提示を済ませた男性と会う

提出してなければ提出してもらってください。

 

② 双方の身分証明書(免許証、保険証など)を見せあう

 

③ フェイスブックで友達になる

どのような方か、これまでの投稿をチェックしてください。

 

④ できるだけ早いうち(Hする前)に友達や肉親を紹介しあう

 

身分証明書も双方ともにパッと見せ合うのでしたら、プライバシーもそれほどまでに気にしなくていいという気がします。

しかし、出来ない女性のほうが多いのではないでしょうか?

「こういったことを聞いて怒ったりしないだろうか?」 「どういうタイミングで聞いたら良いのか判断できない。」 「自分の身分証は見せたくない。」

という感じであれこれと理由がある人もいるでしょう。

無理であれば、先方のことを信用するか疑った状態でお付き合いをするかのいずれかになっちゃいますよね。

どっちを選択するかは貴方が決めるしかありません。

言うまでもなくこういったことを実行しても、完全にヤリ目男性をブロック出来るわけではありません。

ですが、きちんと実行すれば多少なりともブロックする事は可能だと思います。

一応言っておきますが、 金銭の貸し借りをしたりクレジットカードを渡したり、銀行の暗証番号を教えたりするのは絶対にNGです。

 

結局のところ、婚活サイトで知り合えるの?

 

インターネットを利用した婚活で知り合えるのか?って事ですけれど、筆者の体験をもとにお伝えさせてもらいます。

プロフィール写真を掲載してなかったり、プロフィール文がテキトーだったり、暮らしているエリアが極端な田舎だったりすれば話は別ですが、はっきり申し上げて、女性はそれほど面倒な事をしなくてもカンタンに会う事が出来るはずです。

女性が婚活サイトや婚活アプリにエントリーすれば、たくさんの男性から「いいね」や「Like」がきます。

最初の頃はとまどうはずです。

ファンの多い女性だと、1日に100回オーバーのアプローチがあるケースもあるのです。

普通の女性でも、10回オーバーのアプローチはくると思います。

どうしてそれほどまでに「いいね」がくるのかと言いますと、男性はたくさんの女性にコンタクトを取らなければ連絡の交換が出来ないためです。

婚活サイトは圧倒的に女性優位の世界です。

医者とか弁護士、公務員で尚且つ端正な顔立ちの男性なら話は別ですが、ミドルスペック、ロースペックの男性ですと女性のほうからアプローチがあるという事はめったにありません。

男はお金がかかってしまうので、何としてでも女性とお目に掛かりたくて一生懸命「いいね」をします。

 

良いと感じる人が見つかったら「いいね」する

 

何はともあれアプローチしない事には何一つはじまりません。

稀に女性サイドからファーストメールやいいねが来ても、残念ですがそれほどタイプじゃないケースのほうが多いのではないでしょうか。

めちゃくちゃタイプの女性から「いいね」がきても、やっぱり疑ってしまいがちです。

「ひょっとしたら、サクラかもしれない?」 「何かしら買わせようとしているのかも?」

そんな風に考えてしまうものです。

 

お目にかかるまでが一苦労

 

なんとかメールでコミュニケーションをとりはじめても、この先がまた手間暇がかかります。

自分自身の事を信用してもらえるように、自己紹介からはじまって、双方の類似点をチェックして、1か月位とりとめのないコミュニケーションをとるのです。

うまくいけば2週間ほどで会う事が出来る場合もあるんですけれど、平均すると1か月程度は必要になると感じます。

 

お目にかかってからが又一苦労

 

お目にかかってからが又何だかんだと一苦労なんです。

何と言っても多いのが「プロフィール写真とまったく異なる!」というパターンです(汗)

メールでコミュニケーションをとっていると、少しずつ妄想が膨らんでしまいます。

「間違いなく魅力的な人に違いない」といった気がしてしまうのです。(ひょっとすると筆者だけ?)

しかしながら、現実はそれ程甘くはないのです。

初めて会う際に、 「初めまして!」 と言いながら、苦々しく笑ってしまった経験のある人は男性女性共に多いのではないでしょうか。

実を言うと筆者も言われた覚えがあります。

「おや?プロフィール写真とちょっと違っていますね!」

筆者は「そうですか?」と言いつつ、 「貴女も違ってますよ」 と胸の内で叫んでいたのです。

滅多にないですが逆パターンも経験しました。

プロフィール写真よりも実物の本人のほうが可愛らしくて、メチャクチャテンションが上がった事もありました。

そのような時は、筆者は正直に 「写真より実物のほうがかなり可愛いですね!」 と言います。

このパターンはまず無いと考えたほうが良いでしょうね。

十中八九、残念パターンだと考えていてください。

 

何故イメージと違うケースが多いのか?

 

これに関しては何ともしようがないと妥協するしかないのではないでしょうか。

クローズドですが、インターネット上にプロフィール写真を公表するのですから、率先してかっこ悪い写真を使用する人はほとんどいないはずです。

自分自身の写真は選ぶことができるので、写真うつりの良いものや旅行先で撮影したいい感じの写真なんかを皆さんに見て貰いたいと思うのはごく普通の事です。

ここまでは問題のない範疇ですが、本当に厄介なのがフォトショップ等で写真を加工してくるケースです。

フォトショップを使用したら簡単に加工出来てしまうんです。

もう別人というレベルになってしまいます。

ここまでやったらもう詐欺でしょうというレベルにまで修正してしまう人も結構多いんですよね。

それから、メールではコミュニケーションが盛り上がっていたんだけど、実際にお目にかかってみると話が合わないで盛り上がりに欠けてしまうケースもあるのです。

こうなると、どっちかが徐々にフェードアウトしていき、自然消滅というパターンですね。

再び婚活サイトをスタートするという経験を何度かしました。

本当にネット婚活は手軽ですし、それほどお金も必要ではありませんが、マイナス面もきちんと頭に叩き込んで、度を越した期待はしないほうが良いですね。

コミュニケーションをマメに取る事が出来る男性や、仕事がてんてこ舞いでパーティーイベントに行くことができない男性にはネット婚活は本当にお勧めです。

それと、地方にお住まいの方は婚活イベントが多くはないので、インターネットを利用した婚活のほうが良いのではないでしょうか。

「好意を抱くまでに長時間かかる」という人にも、ネット婚活をお勧めします。

ズルズルとメールでコミュニケーションをとるのが肌に合わない人なら、スピーディーに会う事の出来る婚活パーティーのほうが向いているかもしれないですね。

ですが短い時間で相手の事を理解するのはかなり難しいです。

合う合わないはありますけれど、婚活サイトにどのような人が在籍しているのかチェックするだけでも構いません。

結婚を本気で考える入り口になるかもしれないですね。

 

テンションアップした時の話

 

筆者の婚活サイトでの経験談をお話させていただきます。

某婚活サイトで、親しくなった女性がいたんです。

その人はプロフィール写真もアップしていて、それなりに美人だという予感があったんですけれども、それほど期待はしてなかったです。

メールでコミュニケーションをとりだして1か月経った頃にお会いする約束もとれて、食事をしに行くことになったんです。

実際に顔を合わせてみたら超タイプでした。

ビックリするほどプロフィール写真よりも可愛いくて、スタイルも抜群でかえって怪しんだほどです。

いや~、さすがにテンションアップしました(笑)

「20歳代・可愛いい・スタイル・高学歴・高収入」と5拍子揃った女の子で、婚活サイトに登録しなくても簡単に彼氏が出来そうな気がするレベル。

喋っているとそれなりに順調に会話も出来ました。

それから、3~4回デートして、交際することになったんです。

最終的には、その女の子とは別れたんですけど、そんな感じの信じ難い出会いだって100回に1回はあるんじゃないでしょうか。

関心を持っている人はチャレンジしてみることをおすすめします。

夢を持てますし、近頃は女性も積極果敢に会ってくれる傾向になっています。

1回チャレンジしてみるとうなづけるはずです。

 

婚活アプリがアツい?

 

近頃はネット婚活のイメージも様変わりしてきました。

スマホアプリを用いてFacebookと連動して利用できるものが増加傾向にあります。

新たなサービスが数限りなく誕生しています。

このようなマッチングサイトはサービス開始後、あっという間にユーザーが増加して、勢いに乗っているタイミングで利用すれば良い出会いが多いんですよね。

ヤリ目男性とか風俗嬢が多くないので、真剣な人にもチャンスがあります。

ですので、「何となく関心を持っていてチャレンジしてみようかな?」と考えているのであれば、マッチングアプリを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

誰もが知っている婚活アプリは、Pairs(ペアーズ) 、with(ウィズ)あたりでしょうか。

筆者もこの2つは利用したのですが、使い勝手がよくびっくりしました。

仕事がてんてこ舞いで、休日も少なかったり、空き時間にスマートフォンで婚活を行いたい人は、婚活アプリを利用してみれば良いと思います。

女性は基本的にタダですし、ぴんときた男性からメッセージが来た時だけメールを返信して親しくなればOKです。

マッチアラームも高い評価を得ています。

マッチアラームは毎朝8時に、異性のプロフィールが1件とどきます。

貴方のほうからアクションを起こさなくても、貴方にピッタリの異性をピックアップしてくれるという夢みたいな婚活アプリです。

このやり方なら多忙な人、面倒くさがりの人でも婚活を継続していく事が出来るはずです。

婚活じゃなくて「恋活」ですけれども、サイバーエージェントがマネジメントしているタップル誕生も良さそうな婚活アプリです。

連日3,000人を越す人がエントリーしているんだそうです。

マッチブックはリクルートが運営している、20歳代前半~中盤の若い人に注目されているマッチングアプリです。

おおかたの婚活アプリは男性女性共にお金をかけずに無料で試してみる事ができるので、どのような人が在籍しているのか、1回確かめてみるのもおすすめです。

 

証明書類の提出が義務付けられている婚活サイト

 

さっきも言いましたけれど 「身分証明書」「給与証明書」「未婚証明書」「学歴証明」「就労先証明」なんかを提示すると、プロフィール欄に確認マークがつく婚活サイト(アプリ)も存在します。

婚活している女性からしてもこういった類の証明書類がきちんと提示されていたほうが安心出来るはずです。

こういった証明書類をチェックできる婚活サイトとしてよく知られているのが、IBJがマネジメントしているブライダルネットです。

登録会員は20~30歳代の人がメインでいろんな年代の人がいらっしゃるようです。

それと、ミクシィグループがマネジメントしているyoubride(ユーブライド)も素晴らしいです。

youbride(ユーブライド)はネット婚活以外にも、婚活パーティーも管理しているので、1回ネット婚活&リアル婚活の両方にトライするのも良いのではないでしょうか。

 

ネット婚活と結婚相談所の中間的な婚活サービス

 

婚活・恋活サイトは手っ取り早く参加出来て、女性はタダで利用出来るケースもけっこう多いのですが、本気になって頑張って1年以内で結婚したい人にイチオシできるのが、エン婚活です。

大手企業のエン・ジャパングループがマネジメントしているので、安心です。

エントリー料金9,800円、月々の利用料12,000円のみで成婚料は不要です。

結婚相談所と比較したらだいたい3分の1~10分の1で済みます。

専属アドバイザーもフォローアップしてくれるので、非常に安心感のある婚活サービスだと言えます。

エン婚活では、会員の方に公的機関が発行した未婚証明書、本人証明書、所得証明書、学歴証明書を提示してもらっています。

妻帯者やヤリ目男性に出くわす事はないに等しいはずです。

それと、所得や学歴、年齢などを偽っている人も存在しませんし、本気になって婚活に取り組んでいる人も多く、何の心配もせずに活用することができるはずです。

しかしながら、まだスタートを切ったばかりの婚活サービスですので大手と比べてしまうと登録会員数が少ないようです。

違う婚活アプリと同時進行させるというのも1つの手ですね。

 

もし筆者がもう1回ネット婚活をするなら

 

国内で初めて誕生したマッチングサイトは「acchan.com恋愛お見合い」というサイトです。

1996年から事業展開しています。

すでに20年以上経過しているんですね。

それから、ガラケーとかPHSの時代に「スタービーチ」がもてはやされ、社会的な問題にまでなったんです。

スタービーチはすでに消えてしまいましたけれど、あっちゃんは現在でも存在すると聞きました。

全ての婚活サイトを利用してきたわけではありませんが、結構な数の婚活サイトや婚活アプリにお世話になりました。

不審な婚活サイトも沢山あったし、痛い思いも数多く経験しました。

そのような筆者であればこそ皆様にお話し出来る事は、「もし筆者が今ネット婚活に再び取り組むとしたら、どこを利用するか」です。

男性は有料会員になる必用があるので、たくさんのサイトに登録するのは無理があると言えます。

ですので、さしあたって2つくらいのサイトに登録します。

タダで利用できるところを3~4つ使用してみて、いい感じの婚活サービスの有料会員になるでしょう。

とりあえずはPairs(ペアーズ) からスタートします。

登録会員数も600万人と群を抜いているので、異性と巡り合う機会も多くなります。

どのような異性が在籍しているのかチェックできるのでお勧めできます。

他にはwith(ウィズ)やゼクシィ縁結びにトライしてみます。

Facebookのアカウントが無かったとしたらブライダルネットですね。

 

まとめ

 

ネット婚活にチャレンジするなら婚活パーティーと同時利用して、タイムリミットを1年と決めて利用するのが良いのではないでしょうか。

貴方が何が何でも1年以内で結婚したいなら、それなりに高額になってしまいますが結婚相談所をお薦めいたします。

金額は高くなってしまいがちですが、所得・勤務先・最終学歴などを証明書類で確認が取れている人ばかりですし、貴方専任のコンシェルジュもしっかりサポートしてくれるので結婚相談所が結婚への最短ルートではないでしょうか。

真剣に結婚を望むのでしたら結婚相談所にエントリーして、そのうえで婚活アプリを使ったり、婚活パーティーに顔を出すのが良いでしょう。

ただし、結婚相談所は費用も高く準備する書類も多いために気軽な気持で登録するのが難しいかもしれないですね。

ですので、タダで利用出来る婚活アプリに、とりあえず申し込んでみるのもおすすめです。

婚活への最初の一歩を歩み出すという事ではアリだと思いませんか。

 

気をつける点

 

無料アプリの場合でも、高額の結婚相談所にエントリーしたと同じくらい本気になって活動するべきです。

それから、ズルズルと婚活を長引かせないためにも、タイムリミットを定める必用があります。

「1年間だけ」 「次回の誕生日まで」 「駄目なら結婚相談所にエントリーする」 と決めてしまうことをおすすめします。

長くなってしまいましたけれど、インターネットを利用した婚活の話は以上です。

是非ともお役立て下さい。

スポンサーリンク